うーーん、獅子座! 恐るべし!

2019年09月10日(Tue)23:56

うーーん、獅子座! 恐るべし!

 

「微笑みの国タイ」

なんだか優しくて癒されて、幸せになりそうな国タイ。

そこは王様が支配しているところ。

 

新・国王となったマハ・ワチラロンコン国王(1952728日生まれ・獅子座)の戴冠式が今年54日から3日間かけて行われました。

獅子座ですから、今年はラッキースター・木星が大吉角形勢中、金メダル級の運気到来ですから、めでたく王座に収まるのは運命と言えます。

(獅子座は大恋愛、大勝負ができる年、獅子座男性は妊娠させる能力にもも恵まれています)

 

戴冠式の3日前、51日にはワチラロンコン国王4度目の結婚式を挙げています。

4度目です。

 

タイの建国は1238年、今年までの781年の間、

4度結婚したのは、このワチラロンコン国王ただ一人だそうです。

 

 

 

4度目の妻となったのは以前より側室にあったスティーダー嬢です。

スティーダー妃殿下は197863日生まれの双子座。

双子座は昨年の11月から今年の123日まで12年に一度の結婚運到来です。

以前より側室であったかもしれませんが、

正式な王妃となったのですから、まさに12年に一度の結婚運大当たり、

しかも木星が入っての結婚、玉の輿です。

普通の女性から王妃へと大転身です。

 

獅子座と双子座のカップル

リオデジャネイロのメダリスト、水泳の荻野公介さん(1994年8月15日生まれ・獅子座)と

シンソングライターのmiwaさん(1990年6月15日生まれ・双子座)も、

結婚されましたね。

miwaさんがこの冬にご出産されるそうで、

獅子座の荻野さん、12年に一度の子供運ゲット

さすが泳ぎも早ければ、子作りも早技です。

miwaさんは、12年に一度の結婚運ゲットです。

双子座はなかなか結婚に縁がない星座ですから、授かり婚、おめでとうございます。

 

 

 

 

で・・・・国王陛下

めでたし、めでたし

二人は幸せに暮らしましたとさ。

で、終わるはずが、そうではありませんでした。

 

なんと今年の8月末にはワチラロンコン国王の側室が発表されました。

シニナート・ウォンワラチーパック嬢です。

正式に国王夫人に任命されたそうです。

 

5月に4度目の結婚したばかりなのに、今度は正式な側室を披露。

なんてこと。

いくら獅子座ツイている年だと言ってもやりすぎでは?

タイで一夫多妻復活か?と言われているそうです。

あなたの夫、あなたの妻が獅子座であれば、今年は12年に一度の大恋愛の年に当たっています。

ロマンチックで夢みがちな性格であればあるほど恋に酔いしれてしまいそう。

獅子座の夫、獅子座の妻であれば、今年は目が離せませんよ。

 

さて、ワチラロンコン国王の星を見てみると、

家庭の室には火星が進行しているときに生まれているので、

誰と結婚しても家庭生活は守りきれない人です。

来年4月には獅子座は結婚の室に二つの凶星が進行するので、「離婚」の暗示あり、

早くも4度目の結婚の危機が訪れるかもしれません。

 

 国王の平服?

 

それにしても、獅子座はもともと太陽の星、スターの星でもあり、

どこか人より目立ってしまう、目立つことが好きな星座でもあります。

上の写真はミュンヘン空港での写真だそうですが、

いったいどこのヤクザさん?という感じ。

いくらなんでもひどいカッコ。

 

また以前1987年、日本に来日となった時、

正妻ではなくて、愛人を一緒に連れてこようとして、日本政府に拒否されているというのですから

驚きです。

 

なんだかメチャクチャな王様ですが、獅子座の幸運だけはしっかりゲットしています。

どんな性格の人にも運は舞い込みますね。

 

獅子座恐るべし!

 

  |