記事一覧

私たちにできること

2020年04月04日(Sat)18:04
私たちにできること   恐ろしい考えはあるもので、新型コロナウィルスは人工的に作られた生物兵器 アメリカの陰謀?中国の陰謀? どちらも最もだと思えるようなニュースも流れ、戸惑うばかりです   しかし、アメリカ、中国ではない、さらにその上の世界の支配者がこの危険なドラマを作り出したことに気づいた人もいます。 司法弁護士で社会活動家でもあるEllen Brown女史の話です。   エレン・ブ・・・

記事を読む »

インフルエンザ治療薬「アビガン」またお友達の会社の商品だそうです。   エイブリルフールにアベノマスク、海外でも相当ウケていたようです。   新型コロニウィルスの感染拡大で、4月1日、安倍首相(乙女座)は布マスクを全世帯に2枚ずつ配る方針を表明しました。 感染症の専門家も「マスクでは感染を防げない」と発表しているのにも関わらず、 2枚のマスクを配る。 アメリカのフォックスニュー・・・

記事を読む »

新潮講座4月開講中止のお知らせ

2020年03月31日(Tue)11:55
新潮講座4月開講中止のお知らせ   ホロスコープであなたの人生を切り拓く。       4月から6月は牡羊座から双子座編でしたが、コロナウィルスの爆発的な感染により、 残念ですが中止となりました。 次回は7月13日(月)から蟹座、獅子座、乙女座編がスタートしますので、 どうぞ宜しくお願いいたします。      

記事を読む »

コロナウィルスには「オスバンS」使いましょう。   東京都も3月29日昨日、都内の感染者数430人となりました。 このまま増え続けていくのでしょうか。4月1日には火星と土星が合となり、凶運がやってきます。   先日、専門家の方から入った情報ですが アルコール消毒ではコロナウィルスは死滅しないとわかっているそうです。 アルコール70パーセントくらいの濃度でないとコロナウィルスは死滅しないので、実際、・・・

記事を読む »

「地球に住めなくなる日」を是非お読みください。   「地球に住めなくなる日」ディビッド・ウォレス・ウェルズ著 これを読んだら、全く言葉が出なくなります。 どうしていいのかわからない・・・・。 だけど今後ますます世界の状況は悪化することだけは確実にわかります。 是非皆様、ご一読してくださいませ。 グレタ・トゥーンベリさん(山羊座)が激怒するように、 あなたの心の中にもどうしようもない怒りがこみあげて・・・

記事を読む »

土井尚道社長(KK飛鳥新社代表取締役)冒険の旅に出られました。   アン・フィン(立木冬麗)の生みの親、 ポップティーンで星占い師としてデビューさせてくださいました恩人である 土井尚道社長(射手座生まれ)が3月20日朝、天国に召されました。     毎年お正月には年賀状で土井社長の1年の占いを書いて出すことが習慣となっていましたから、その具体的な内容をお正月過ぎた頃に1年に一度お会いして・・・

記事を読む »

下諏訪の樽川道子先生(1929年4月9日生まれ・牡羊座)にお会いしました。   「下諏訪の女傑」と言えばこの女性ではないでしょうか? 来月4月9日で、なんと91歳になられる樽川道子先生です。 初めてお会いした樽川先生のお顔はとても91歳とは思えないほど輝いていて、 その声の大きかったこと! 木星と金星が牡牛座に位置しているときに誕生しているからか、 本当に聞き取りやすい美声であり、(牡牛・・・

記事を読む »

コロナウィルスの後は?火事、戦争?

2020年03月20日(Fri)10:32
コロナウィルスの後は?火事、戦争?   3月19日、新型コロナウィルスの専門家会議では、さらに自粛が求められるような内容が発表されました。 東京も原因不明の感染者が増えているのですから、当然と言えば当然です。 しかし、表参道、竹下通りは以前と同様の混雑ぶり、 さて、今後どうなるのでしょう。 一時、新型コロナウイルスの遺伝子構造の研究をしたアメリカ、中国の疫病の専門家たちの間では、このウィルスは研究・・・

記事を読む »

「Brain rulesブレイン・ルール」 健康な脳が最強の資産である。   東洋経済新報社からジョン・メディナ博士(山羊座)の素晴らしい本が訳されて出ました。 「Brain rules」 健康な脳が最強の資産である。   元気で生活するのに役立つことがいっぱい書いてあります。 人間として生まれてきたからには、最大限に人間としての生を謳歌し、納得して年を重ねたいものです。 その・・・

記事を読む »

 ダンス de 運気アップ コロナウイルス対策     昨年暮れ、2020年の運勢の特集を雑誌社に頼まれたとき、 原稿を書きながら、あまりのひどい星の配置に仰天!   しかし、嘘を書くわけにはいかないので、しっかりと悪いことを書いてしまったら さすがそれは困ると言われてしまい、 今までで初めて、原稿の書き直しを致しました。   「先生、これではあまりにも辛い・・・

記事を読む »

次のページへ »