記事一覧

7月13日開講 新潮講座に是非いらしてください。       コロナ禍の影響で4月開講の新潮星占い講座が中止されてしまいましたが、 自粛解除で7月から再び、開講となります。 今回は星座の限定はありません。 何座であっても楽しめる、勉強になるような構成になっていますので、 皆様どうぞお時間のある限り、足をお運びくださいませ。     日時  7月13・・・

記事を読む »

「世界の針が巻き戻るとき」目からウロコの一冊でした   「世界の針が巻き戻るとき」マルクス・ガブリエル氏(1980年4月6日生まれ・牡羊座)の本は題名が面白そうで読んでみました。 新進気鋭の若き哲学者の書いた本ですから、哲学の部分は「エッ?何?」と 理解不能になったところもありますが、実に斬新、目からウロコ、面白い本でした。 「価値の危機」「民主主義の危機」「資本主義の危機」「テクノロジーの危機」・・・

記事を読む »

やっぱり日本の天皇家は愛子様(2001年12月1日生まれ・射手座)が後継者でしょう   紀子様(1966年9月11日生まれ・乙女座)は素敵な方だと思います。 上品でお優しくて腰も低くて決して威張ったところが感じられない。 紀子様と秋篠宮様(1965年11月30日生まれ・射手座)がご結婚された当時、 川嶋教授、お父様の御意向もあってか、紀子様はテレビのない家庭で育ったと話題となりました。 丁度子供が・・・

記事を読む »

怒れ山羊座!!劣化と戦おう!

2020年05月14日(Thu)10:49
怒れ山羊座!!劣化と戦おう!   「最近、政府と専門家会議を巡って驚くようなニュースが四つ続けて報告されました。①コロナの報告にファックスを使っていたこと。②PCR検査は行政検査であったこと。③37.5度以上4日間の基準は誤解であったこと。④感染者は10倍20倍30倍いるかもと言う国会証言です。このまま政府と専門家会議に任せていて・・・・・」 岐阜大学の学長もされ、日本癌学会会長もこなされた黒木登・・・

記事を読む »

大村智先生(天秤座)の開発した薬イベルメクチンが人類を救うかも!   科学ジャーナリストで日本一ノーベル賞に詳しい馬場錬成先生(蠍座)が、2015年度ノーベル医学生理学賞を受賞された大村智博士(1935年7月12日生まれ・蟹座)から、コロナウイルス感染症の救世主となるかもしれない薬・イベルメクチンの可能性を聞いてくださいました。   とびきり嬉しい話となっています。  ・・・

記事を読む »

双子座の金星で、双子座のスター誕生。その名は吉村知事(双子座)   ステイホームのゴールデンウィークですっきりしない毎日を過ごしていたところに、 実にすっきりするお話がありました。 コロナ対策で依然としてぐずついている安倍首相一派。 経済再生とコロナ対策と大事なこと二つも抱えて無理じゃないかしら? 西村経済担当大臣は永田町関係者の間では、とにかく軽い性格で女好きだともっぱら云われているそうです。 ・・・

記事を読む »

金田一秀穂先生(1953年5月5日生まれ・牡牛座)が安倍総理の気持ちの悪い言葉の秘密を解明してくださいました   先月、天皇陛下(1960年2月23日生まれ・魚座)はご自分のお財布から 「子供未来応援基金」と「NPO法人 ボランティア支援団体ネットワーク」に それぞれ五千万円、一億円の寄付を決めたそうです。 さすがに魚座生まれだけあり、弱い人のことを思う心、情愛深く、慈悲の心がおありです・・・

記事を読む »

コロナウイルスで脳溢血になる危険があるそうで・・・・   4月は水瓶座に凶星が勢揃い、飛行機が墜落するのかと思っていたら、 航空会社が総倒れ、日航もANAもルフトハンザも国の支援がないと大変なところまで、追い詰められているようです。 このように、「飛行機=アンラッキー」という暗示が思ったことと違う形で出てきます。   さて、今回は恐ろしいお話です。 新型コロナウイルスは血管に入・・・

記事を読む »

豊田章男トヨタ社長の「百年に一度の大改革」に私たちもついて行こう!   2019年3月7日から天王星が牡牛座入りし、二人に1人の運が悪化という恐ろしい時代がスタートしています。 牡牛座に天王星がその昔、進行したのは1934年6月8日の出来事。 「1934年、日本はひどい年だった、そんな年ボクは生まれたんだよ」と 恩師である故・銭天牛先生はことあるごとにおっしゃっていました。 そして昨年、・・・

記事を読む »

コロナ自粛中の皆様へ 12星座の皆様への宿題   コロナ自粛中に自分のリニューアルをしよう!   ゴールデンウィークがスタートしましたけれど、 皆様いかがお過ごしでしょうか? 今年はステイホームウィークとなり、今後のことを考える時間はたっぷり与えられたようです。   これからどうなるの?と考えることは大事。 でもそれ以上に、星占いファンであれば先のことを考えていきたいもの。 そして時代に合わせて自・・・

記事を読む »

次のページへ »