火星と天王星のドッキングの影響は?

2019年02月23日(Sat)15:42

火星と天王星のドッキングの影響は?

 

2月の星占いのメインイベントはスーパームーンもありましたが、

214日の火星と天王星のドッキングでした。

飛行機事故かと思われましたが、新幹線の販売機のトラブル事件で

大きな問題もなく過ぎていったのは幸いでした。

しかし、蟹座の友達のご両親が相次いで亡くなってしまったのは本当に残念でした。

(蟹座の親、上司の室で火星と天王星がドッキング)

 

交通トラブルがなかった理由として、昨年の11月から太陽黒点ゼロの状態が続いているとのことです。

現在も太陽黒点0となっているので、オーロラの発生も大変少なくなっているのかもしれません。

また、アメリカ、カナダなどの氷点下50度を記録するような大寒波到来、

ナイアガラの滝も凍ってしまいました。

太陽黒点ゼロが続いているということは地球の寒冷期がスタートしたということだとか・・・。

ここのところの北海道の寒波も一段と激しくなっているようですし、

北方四島返還がもし叶ったとしても日本国民にはほとんど利用価値がないのでは?と思ってしまいます。

 

大阪なおみさん(天秤座)が先月、世界ランキング1位に輝いたとき、

天秤座の守護星である金星が天のサンタクロースの星・木星とドッキングしていました。

サーシャコーチもなんと天秤座の生まれですから、

二人揃って、先月近年まれにみる最高の運にありました。

 

しかし、今月、214日を中心に天王星と火星が牡羊座で猛威を振るい、

天秤座の対人関係を波乱に導いています。

大阪なおみさんがサーシャコーチと別れました。

天秤座のパートナー問題、別れ。これはまさに運命です。

また、大阪なおみさんも取材疲れ?

対人関係運が低迷しているので格下選手に負けてしまったのかもしれませんね。

 

また天秤座と言えば、眞子内親王様と小室圭さんですね。

お二人とも天秤座の生まれですから、

1月下旬に小室さんは勢いよく文書を公開いたしました。

しかし、その内容が全くなっていないということで、

今は非難の嵐、どうなることやらです。

本当は今月、別れてもおかしくないのですけれど・・・。

どうなんでしょうか?

 

そして美智子皇后陛下も天秤座の生まれです。

美智子皇后さまも眞子様のことでは心を痛めていらっしゃると思います。

パートナーである天皇陛下、体調が気になるところですが、

天皇陛下はご退位という一大事業に邁進中です。

即位するのではなく退職ですから、これは最高の厄払いです。

パートナー運が悪くなるのですから、パートナーが出世するはずがありません。

むしろ、アンラッキーな方向へ行くのは自然です。

ご退位ということで美智子皇后陛下のパートナー運の悪化は免れています。

 

あなたが天秤座であれば配偶者が元気いっぱいのはずはありません。

もし、そうであれば、あなたを裏切っているかもしれませんね。

また、配偶者の仕事が滞っていたり、なんだかミスしていたりしてクヨクヨしていたら、

「あら良かったじゃないの」と言ってあげてください。

大いなる厄払いです。

病気になるより、事故にあうより、冴えないことはよいことです。

素晴らしい厄払いができているということになります。

 

さて、今月は天秤座のパートナーに大波乱でしたが、

来月、3月になると今度は蠍座のパートナーに大波乱運がやってきます。

さあ、蠍座さん覚悟してください。

蠍座と言えば、トランプ大統領の娘、イバンカ・トランプがいます。

夫のジャレット・クシュナーは山羊座の生まれです。

義父であるトランプ大統領のやり方に呆れているクシュナー氏?

この二人、きっと来月は大喧嘩になるかもしれませんね。

また、イギリス王室のチャールズ皇太子も蠍座の生まれですから、

チャールズの妻、カミラ夫人も調子を崩すことがあるかもしれません。

 

 

 

  |