「スマホ脳」是非お読みくださいませ。

2021年02月17日(Wed)20:59

 

恐ろしや恐ろしや

 

「毎日、2.5京バイトのデータが新しく生まれている。

1京というのは1000兆の10倍だ。

そんなに大きな数字を理解しろと言われても無理だろうが

こう言い換えればいいだろうか。

毎分1億8700万通のメールと3800万通のチャットが送信されている。

それと同時に1分間に400時間分の動画がYouTubeにアップされる。

さらに370万件のグーグル検索と50万件のツイートが行われ、

出会い系アプリのティンダーでは100万枚の写真が右から左へスワイプされている。

そのスピードは日に日に速くなるばかりだが、

洪水のようなデジタル情報を処理する脳は1万年前から変わっていない。」

 

 

先日、ふと手に取ってみた本

新潮新書から出ている「スマホ脳」アンデシュ・ハンセン氏(1974年スウエーデン生まれ)の本、204ページ目に書いてある衝撃的な文章です。

何が怖いって、コロナも怖いし、ジェダーギャップも怖いけれど、

これ!

これ!

コレ、一番怖い!

 

とにかくとんでもないことが現実問題として毎日毎日、日本で、世界で展開されていることがわかりました。

 

作者のアンディシュ・ハンセン氏は精神科医であり、

スウェーデンではメンタルヘルスのインフルエンサーでもあるそうです。

この本がスウエーデンにのみならず世界的ベストセラーとなり、

世界の人たちに警告を与えています。

 

星占いファンの皆様も、是非お読みください。

特にお子様がいる方々は絶対に読まなくてはならない本でしょう。

何故なら、スティーブ・ジョブズもアップル社の幹部も、そしてIT企業のトップは自分の子供たちにスマホは与えていないとあります。

そんなスマホを毎日幼い頃から使用していたら、脳が壊れてしまうからだそうです。

脳が壊れるとはウツになるなど、色々な病の症状が出るということです。

 

 

 

そんなことを書いていたら、北海道の若きママが可愛い赤ちゃんの頭をウツウツしたからという理由で殴り続けたという残酷なニュースが流れました。

そして時事通信では高校生の3割にウツ症状というニュースも配信されました。

「コロナ鬱」と北海道の事件でも、時事通信も伝えていますが、

コロナだけが原因なのでしょうか?

 

  

コレ、恐ろしくないですか?

日本はそれでなくても少子化です。その未来を担う子供たちがすでに心の病とは・・・。

水瓶座の土星が2,020年12月17日から堂々の進行を開始、

獅子座の暗示する子供たちに打撃を与えています。

また、水瓶座はデジタルの星でもあり、デジタルの問題点がさらに表面化する年でもあります。

 

ハンセン博士は「この本は答えばかりを集めた本ではない。

問いを提起する本でもあるのだ。

人間が自分自身に問いかけなければいけないこと

ましてや変化のスピードが増しているこの時代なのだから」

そうおっしゃっています。

 

星占い的には今年は水瓶座の木星、土星で一時的に双子座、射手座の学業運が

上昇することもありますが、しかし、その後低迷しやすい年となっています。

双子座はもともと賢い星座です。そのレベルの高い脳がスマホの害を受けやすい年かもしれません。

 

また、天王星が牡牛座入りしていることから、魚座、乙女座も学業挫折しやすい時期となっています。

魚座はもともと陶酔しやすい性格でもあり、乙女座も凝り性です。

子供の頃からスマホの浸ると良いこともありますが、かなり脳は影響受けること間違いなしです。

 

皆様、子供に言う前に、自分自身に問いかけていきましょう。

 

 

 

 

 

  |