2019年参院選も射手座・山本太郎さん、獅子座・立花孝志さん大活躍でした。

2019年07月22日(Mon)09:37

2019年参院選も射手座・山本太郎さん、獅子座・立花孝志さん大活躍でした。

 

721(蟹座の季節)の参議院選挙、投票率は48.8パーセント、

過去2番目に低い数字となりました。

獅子座の季節の選挙にしていたら、エネルギーある時期となるので、

少し数字は変わっていたかもしれませんけれど・・・。(723日以降です)

 

「選挙って、どこの?」というくらい、我が家の周りは静かでした。

うるさい選挙カーの音も聞こえず、駅でのビラ配りもなし。

候補者の立て看板だけが立派に立ったけれど、

「この人だれ?」という顔も多く、すべての候補者のことはわからない

選挙の話をする人さえいない。

誰もが無関心のようでした。

そして本日、突然やってきたテレビのお祭り騒ぎの選挙速報。

候補者と各政党の政治家、テレビ局の人たちだけがワイワイと、

お祭り騒ぎで笑ったり泣いたりしている。

自民党が勝ったと言っても国民の50パーセント届かない人たちの中で

とりあえず2割くらいの人たちに支持されたということ。

会社社長を10人で決めることになり、みんなで投票した。

その結果2人が支持した人が社長になった。

そんな恐ろしいことが今の日本の現実です。

普通どう考えてもそんなことあり得ないでしょう。

それなのにいつも安倍総理は「国民に選ばれた」と平然と口にして、涼しい顔している。

恥ずかしいなんて思っていない。

感覚がずれている。

安倍総理は乙女座生まれなので、「2019年問題の星座4」に入っていないため、なんとか今回の選挙で自分の体制を維持できたと思われます。

 

今の選挙は多数決ではなく、少数決だそうで、これでは民主主義とはとても言えません。

それについて国民はもっと怒らないといけないのでは?

本当に私たちちゃんと生きないといけません。と思います。

 

先月、富山の市議である木下章広(198277日生まれ・蟹座)

議員事務所のデスクを違法に物色し、ストーカーまがいの行為をしたとして

警察沙汰になった事件がありました。

 

あ、2019年問題の4星座の一人、蟹座生まれですね。

大学を出て、郵政に就職し、市議になったということですが、

地方議会ではありますが、この程度の人でもなれてしまうのですからねぇ。

日本国の人材不足を絵にかいたような話だと思いました。

参議院選挙にしてみても、もしかしたらこの程度なものかもしれません。

今はどんな分野でも人材不足です。

議員だって当然人材不足です。

 

さて、今回の選挙で山本太郎さん(19741124日生まれ・射手座)率いる

れいわ新選組がめでたく2議席獲得しました。

おめでとうございます。

https://www.reiwa-shinsengumi.com/

 

ALS患者である候補者と重度の身体障碍者である候補者、その二名を国会に送り出します。

山本太郎さんは党首ですが国会にはいきません。

まさに自己犠牲の精神で議席を社会から損失を受けているマイノリティーに渡している。

さすが木星が支配している射手座。

日本人らしくない、この世界基準の感覚に拍手です。

 

NHKから国民を守る会でデビューした立花孝志さん(1967815日生まれ・獅子座)も見事一議席獲得、国会へと進出が決まりました。

おめでとうございます。

http://nhkkara.jp/rule.html

 

 

ジャーナリスト出身の立花さんは、わたしたちがNHKの受信資料を支払わなくてもいいことを応援してくれる人です。

NHK社員は約一万人いるそうですが、その人件費と福利厚生費が一年間で1800億円だそうです。

役員の一人平均額は1800万円にものぼり、民間企業の約3倍、公務員の約2倍も貰っています。

わたしたちから無理矢理お金をとっていって、なんて図々しい。

 

今年はラッキースター・木星が射手座に輝いているので、

射手座は12年に一度の大幸運の年、

そして獅子座は12年に一度の勝負強い年に当たっています。

山本太郎さん、立花孝志、お二人の大躍進に心から拍手を送ります。

 

 

  |