月尾嘉男先生に見習う・大冒険は5室の木星で!

2019年05月30日(Thu)14:28

月尾嘉男先生に見習う・大冒険は5室の木星で!

 

な、な、な・・・・・なんですか!

アトラクション待ちの行列じゃあるまいし、なんでこんなに混んでるの?

これは今年2019522日に撮影されたエベレスト山頂付近の写真です。

 

 

山頂に登るのに12時間以上も混雑に巻き込まれてしまうため、

疲れて果ててしまい山中に命を落とす人も多いそうです。

ネパールはエベレスト登山に一人120万円(発給手数料)とっているので、

人数制限するのがもったいないと考えているのかもしれませんが、

いくらなんでも酷過ぎる光景です。

 

エベレスト登山なんて、普通の人は考えないし、行きもしません。

大冒険ですものね。

でも、行くのであれば、ラッキーな年に実行したほうが良いはずです。

 左はモンブラン 

山の下にある黒いラインはすべて人間。モンブランも大混雑。2019 3月

 

冒険に相応しい年は第1室、自分の頭上に大吉星・木星が来ている年、

5室、娯楽、冒険、勝負、恋愛、創造の室に大吉星・木星が来ている年となります。

 

前回、ブログでご紹介しました久保利英明弁護士(乙女座)がアフリカ大冒険の旅に出たのは、

乙女座に木星が進行した年、第1室にラッキースターが輝いていた年でした。

あなたが射手座生まれであれば、たった今、大冒険に出るべきときがきています。

今やらないでどーするの?です。

 

さて、さらに大冒険をされた方がいらっしゃいました。

冒険家でもないのに。

しかも、還暦過ぎというお年で、スゴイことをされた方がいました。

 

東大名誉教授であり、建築、設計、都市工学から交通工学、情報通信の分野に至るまで、あらゆる分野で地域おこしを提唱され、政府や地方自治体の委員などでご活躍されている月尾嘉男先生(1942年牡牛座生まれ)は、60歳還暦記念のため、魔境の地、カボ・デ・オルノス、パソ・マンテ・ジェロを一人でカヤック漕いで回ることを計画され、2004年に大冒険を実行されました。

 

2004110日から227日までのチリへの旅で、大魔境をカヤックで周ったのは、

125日から213日でしたが、その間ずっと大吉星・木星は乙女座、牡牛座の第5室を運行、牡牛座の旅の室には水星が運行してくれていました。

木星と水星に見守られて、大冒険達成。金メダル級の冒険達成です。

 

若い頃からの筋肉量の低下度、見ればおわかりのように、恐ろしいくらい。

月尾教授は二十歳代のオトメの体力で、偉業を成し遂げました。

 

今年射手座に木星が進行中、獅子座の皆様、さあ、冒険に旅立ちの年です。

この夏は最高の星回りとなっているので、エベレストでも、マッターホルンでも落ちることはないはず。

特に8月は最高です。

今までやったことのないことにチャレンジしてください。

 

  |