17日に土星が移動、20日は木星が移動します。

2020年12月18日(Fri)11:27

17日に土星が移動、20日は木星が移動します。

 

昨日、17日、2017年12月21日から長きに渡り、山羊座を運行していた土星が

約三年ぶりに水瓶座へと大移動しました。

京都、東京周辺でも地震がありましたが、

土星が移っていった証拠かもしれません。

 

長い間、山羊座の頭上を通過していた土星ですから、

移動することにより、山羊座の苦難は一応ジ・エンドとなります。

山羊座さんおめでとうございます。

やっと解放されることがありますね。

次の水瓶座へと移動したので、ここから水瓶座さんに土星がバトンタッチされ、

水瓶座がこれから202337日までの約3年苦難な時期へと突入します。

水瓶座さん、頑張りましょう。

 

しかし、お伝えしているように、今月20日には天のサンタクロースと言われている大吉星・木星も水瓶座へと移動します。

水瓶座は今月20日から12年に一度の大幸運がスタートします。

救いありですね。

 

実は凶星と吉星の共演は今年も続いていました。

山羊座の頭上で凶星と吉星が共に歩いていたのです。

ですから、この現象は珍しいことではありません。

木星は射手座の守護星、土星は山羊座の守護星ですから、

射手座生まれには分が悪いかもしれませんね。

射手座が土星の影響をもろに受けてしまうのですから、

本来の射手座の力が十分出せないこともありました。

私の敬愛する飛鳥新社・土井尚道社長もこの春、土星の脅威で天国に召されてしまいました。

逆に山羊座は木星の恩恵を受けていたので、随分とプラスなこともあったかもしれませんね。

 

さて、今度は水瓶座の頭上で凶星と吉星が共に歩いていきます。

水瓶座の守護星は天王星、天王星が発見されるまでは土星が守護星とされていたこともあり、水瓶座さんも随分と恩恵は受けるかもしれません。

 

さて、20日に木星が動きますから小さく地球も揺れるかもしれませんね。

また、22日午前3時頃、大吉星・木星と大凶星・土星は最接近、

こんなに接近するのは1623年7月以来のことです。

 

1623年日本では江戸幕府、三代目将軍に徳川家光が即位していますが

徳川家光は1604812日生まれの獅子座です。

1623年の大吉星・木星と大凶星・土星は獅子座を運行していました。

そこで獅子座の家光が三代目将軍におなりです。

 

12年に一度の大幸運の年に、家光さまは土星という重責ある仕事を担いました。

 

 

本来であれば、水瓶座の木星と土星なので、総理大臣に水瓶座が出てきてもおかしくないはず

しかし、日本は現在菅総理、射手座となっています。

射手座の守護星は木星で、今年、これからもしばらくは土星の脅威に侵されてしまうのは

総理の運もあるかもしれませんね。

 

コロナ患者も増えている日本。

今後は水瓶座に木星の年が一年続きます。

あなたの配偶者、あなたのお子さん、あなたの恋人が水瓶座であればはっぱかけてあげてください。

 

水瓶座生まれのリーダーが出てきてくれることを強く祈りたいものです。

 

 

 

  |