菅原一秀・経済産業大臣、山羊座30年に一度の大不運で脱落!

2019年10月26日(Sat)07:20

菅原一秀・経済産業大臣、山羊座30年に一度の大不運で脱落!

 

 

先月の第4次安倍内閣第2次改造内閣で経済産業大臣に任命された菅原一秀議員でしたが、

196217日生まれ・山羊座だったので、「大丈夫かしら?」と思っていたところ、

ドンピシャ、土星が山羊座15度に乗った途端の辞任となりました。

あ~、めまいがするほどドンピシャ!

山羊座は現在、30年に一度の大不運の時期を迎えています。

特に16日、7日、8日、9日前後に生まれていたら、

たった今が30年に一度の大不運のときです。

不名誉なことがあってもおかしくありません。

なんとなく体調が悪い、なんだか運が悪いことがある。

それは当然のこと。

凶星・土星が頭上進行しているのですから、アンラッキーな出来事があっても

不思議ではありません。

 

でも、そのまま土星が頭上進行している間、何もしないでいるなんてできませんね。

ヘルプミー、どうしたらいいの?となりますね。

 

厄払い作戦が必要となります。

 

土星は年上の人、シニアの星ですから、

周りをシニアで囲んでください。

「あら、私、毎日老人ホームで介護してあげているわ」

「僕の恋人、実は20歳も年上女性でバツイチなんです」

という人は、自然と厄払いとしているということです。

年配のお友達、年上の恋人を持つのが一番の厄払い方法です。

2つ、3つではなく、10歳、20歳、30歳も年上なら最高です。

しかも、そのお友達、恋人のイニシャルにGYPがついていたら申し分なく厄払いできます。

 

あなたにとってヤマダさん、ヨシダさん、ヨシヒコさん、ヨーコさん、ゴローさん、パトリアさんなんて名前の年上の人は救世主となるはずです。

 

これから土星が進行してくる、110日以降に生まれている人は、その条件にあう人を今すぐ探しに行ってくださいね。

  |