「令和日本・再生計画」前内閣官房参与・藤井聡氏(1968年10月15日・天秤座)

2019年11月29日(Fri)19:37

「令和日本・再生計画」前内閣官房参与・藤井聡氏(19681015日・天秤座)

 

「この本は面白いですよ」と、

ご紹介していただいた本ですから、さっそく購入、しっかり読んだところ、ほんと実に面白い本でした。

「令和日本・再生計画」前内閣漢方参与の救国の提言

藤井聡著 小学館新書 

皆様も是非お読みくださいませ。

どうして日本がこんなにへんなのか!とてもよくわかります。

今、あなたの住んでいる国の本当の姿が書いてあります。

 

なんと言っても2018年昨年の12月まで、なんと6年間も首相官邸にお勤めしていたのですから。しかも、首相に提言できるお立場でいらした方の書いた本ですから、

嘘はないでしょう。

藤井氏は京都大学卒であり、天秤座生まれですが、火星は乙女座にあるので、分析力にはもともと優れている方です。

月が蟹座にあり、人の心情も見抜く才もあります。

 

また、出版されたのは今年20196月であり、藤井氏は天秤座の生まれですから、今年は大吉星・木星が射手座通過中、つまり、藤井氏の12年に一度の出版運の年に

ちゃんと出した本ということですから、内容に偽りなく、ご本人の力作であること間違いなしです。

星占い師としても太鼓判を押します。

 

 

 

それによりますと、恐ろしい真実が書かれています。

「日本は財務省による支配が完成している」とのことです。

 

日本の国を動かしているのは、普通の考えでいくと、国民の選んだ政治家だと考えてしまいますが、それは上辺だけ。

安倍総理も、菅官房長官も、私たちと同じ能力なので全くダメ。

日本最強の優秀な頭脳を集めた財務省の人たちが、優秀な頭脳をフル活用し、

日本国を動かしているそうです。

 

ほーーーーーっ。

はーーーーーーっ。

 

これからは「私は大人になったら総理大臣になるんだ」ではなく、

「私は大人になったら財務省のトップになり、国を動かすんだ」

これですね!

こういうことを小学生が言い始めたら、日本はかなり透明感のある国になると思います。

 

藤井聡氏はアベノミクス、とりわけ財政政策担当の内閣官房参与として6年間勤務した経験があるので、財務省がどれだけうまく日本の政治を制御し、支配し、動かすことに成功しているのか、痛いほどわかったそうです。

 

また、財務省には予算を差配する権限があるので、他の省庁の役人たちや政治家たちは皆、財務省を怒らせれば、予算権、徴税権を駆使した圧力がかけられると危惧しているので、

財務省の人たちに頭が上がらないようです。

 

さらに、財務省はマスコミに絶大な支配影響力も持っているそうです。

都合の悪いことを報道するマスコミに情報を与えない意地悪をすることなんて当たり前だそうです。

それでほとんどの記者たちは嫌がらせされると、困るので、ほとんど財務省にとって都合の悪いことは書かないことが常識となっています。

「メディアは誰のものか」集英社新書 にもありますが、

国が暴走し始めたとき、最後にそれを止めるのは誰か?となれば、

それは国民です。

マスコミが与えてくれる情報をもとに、判断し、チェックしていく。

だから国は正しく動いていく。

しかし、その情報源が今、恐ろしいことになっていて、

報道の自由は蝕まれ、権力者にむらがるような人たちの書いたものばかりが、

国民に放出されることになれ、世論操作がなされる現状にあると多くの心あるジャーナリストがこの本の中で嘆いています。

 

3.11のとき、マスコミ政治部記者たちは菅直人首相(天秤座)のことを、まるで首相が地震を起こし、原発を起こしたような言い方、書き方で非難し、国民を扇動し、結局、菅首相を引きずり下ろしたのですが、そのときに、金平茂紀さん(19531218日生まれ・射手座元TBS報道記者、キャスター)は「ひどいな、こいつら、こんなことをするんだ」と思ったそうです。

 

そんな風に、今や、マスコミは政権の犬となり、国民に都合の良いことは伝えず、国民を適当に翻弄し、すべての情報は政権のためのものとなり、国民のためのものではなくなったのです。

 

なんともおかしいとは思っていたけれど、ここまでへんになっていたら、

もう回復は難しいかもしれませんね。

藤井氏の予想では2050年に日本国民の平均所得は250万円程度となり、

世界各国は日本の2倍程度の裕福な国となっているそうです。

 

あーーーーーーっ。

ふぅーーーーーーーーーっ。

 

星占い師として言葉もありません。

 

藤井氏は新しい日本を作るための提言を本の中でしてくださっていますので、

続きはどうぞ皆様お読みくださいませ。

 

そう言えば今年、どこだかの市議が辞職したとき、

「市議になり、自分自身に注意する人間がいなくなったので、

自分は腐敗したと思う」

そんなことを言った人がいましたけれど、現在、日本の劣化が進み、腐敗も進み、

これでは一体どうなるの・・・・・。

 

 

考えていたら、なんだか疲れましたねぇ・・・・・

そろそろお暇致します。

おやすみなさい。

 

  |